スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--) --:-- | スポンサー広告 |
『東京タワー』
IMG_5138.jpg一気に読んでしまった。気づいたら夜中の2時半。
こんなに涙を流して、笑って、切なくて、温かい気持ちになった本とは出合ったことがないかもしれない。
気づいたら、相当泣いていてかなりティッシュを使っていました(笑)

リリーフランキーの『東京タワー』

リリーさんの本は他にも何冊か読んだことがありました。
笑える本を書くイメージだけど、この本のテーマは「オカン」。

リリーさんのお母さんの愛に、ただただ涙が止まらなかった。
母親の愛情って、言葉じゃなくて、一緒に過ごした時間じゃなくて、もっともっと深くて大きいもの。
気づいていたようで、忘れていたかもしれないなぁ。

   母が生きている間、たくさんたくさん親孝行してあげたい。
   私が生きている間、娘にたくさん愛情を注いであげたい。母がそうしてくれたように。

心からそう思いました。
母親になった今、そして私の母も年齢を重ねた今、読んで本当によかった。

寝不足の朝。
私に「まだ寝てて良いよ」と言って早起きの娘と一緒に遊んでくれたのは母でした。(週末は実家に帰っていました)
ありがとう。

スポンサーサイト
2005.11.07(Mon) 01:24 | book |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。