スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.--(--) --:-- | スポンサー広告 |
なつやすみ
夏休み、一ヶ月近く福岡の実家へ帰ってきました。
寝るときには庭から川の流れる音が、朝には鳥の声が聞こえてくる私の田舎。

蝉の抜け殻、蚊取り線香、すいか割り、花火、海水浴。
子供たちにも沢山の夏の記憶が残ったと思う。
そういえば、お猿が家の屋根に来ていたこともあって、大騒ぎになったっけ。




長女は、どこに行くにもとにかくおばあちゃんに着いて周ってた。
めいいっぱい愛を注いでもらい、本当に嬉しそうだったな。
東京へ戻るとき、飛行場で何度も振り返り、必死で零れ落ちる涙をこらえてる姿がなんとも愛しかった。

次女も、寝返りに成功したり、何でも手を伸ばしてつかもうとしたり、動きが活発に。
相変わらず髪の毛は伸びず、会う人会う人に「おとこのこだっけ?」と聞かれた。
が、よく太り、よく笑い、沢山かわいがってもらって、ごきげんな日々でした。

最終日、兄の長女が誕生し、幸せな気持ちで東京へ戻ってきました。

田舎に帰省して一番楽をさせてもらったのは私。
いつもながら両親に感謝。ありがとう。
それからたくさんの友人に再会できて、毎日ほんとに楽しかった。みんなに感謝。

気がつけば秋はもうすぐそこ。
スポンサーサイト
2008.08.30(Sat) 00:49 | 日々 |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。